2F 産科・内科・産婦人科、産婦人科専門医 達木泰裕 095-824-5958

〒850-0055 長崎県長崎市中町1-22 MJMビル(桜町電車通り)

3F 皮ふ科・美容皮ふ科、皮ふ科専門医 達木美保 095-895-7118

患者様の声|長崎市の婦人科・内科・産科・美容皮ふ科・皮ふ科なら杏クリニック(旧たつき女性のクリニック):長崎駅徒歩5分。桜町停留所徒歩3分

HOME医師紹介クリニック案内設備

ア

クセス患者様の声

よくあるQ&A(婦人科・内科・産科)

求人情報

スタッフブログ

HOME»  よくあるQ&A(婦人科・内科・産科)

婦人科・内科・産科について

予約制ですか?
予約制ではありません。※2016年1月~2017年7月迄、一部予約制を行っておりました。
ご予約制ではございませんが急な休診の場合もございます。
初めて当院を受診される方、3ヶ月以上ご来院のない患者様はお電話でのご確認をお願いいたします。
診療時間は?
月火水金 9:00~12:30 14:00~17:30
木 9:00~12:30
土 9:00~12:30

診療終了時間
 月火水金 17:30
 木 12:30
 土 12:30
※30分前には受付をお願いしております。
※初診、検診等をご希望の方はお早めにご来院ください。
休診日は?
木曜日の午後、土曜日12時半以降、日祝祭日と年末年始、お盆に休診がございます。
駐車場はありますか?
近くの100円パーキング(柴田ガレージ様・タイムズ様)と提携し、サービス券を差し上げております。
男性・未成年でも診察できますか?
女性専用ではありません。
医師は男性ですか?
婦人科・内科・産科の医師は男性です。
杏クリニックでお産はできますか?
当院はオープンシステムとなっております。
妊婦健診は当院で、お産は指定した連携医療機関で行います。
カードでの支払いができますか?
出来ません。
産婦人科と婦人科の違いは?
産婦人科は、産科(妊娠の検査・治療・出産)と婦人科を兼ねます。
婦人科では、女性特有の病気(月経、子宮、卵巣、乳房に関する事、PMS、更年期障害、避妊、不妊、ピル、月経周期の変更、流産、人工妊娠中絶)に対応します。
page top

検査治療内容について

婦人科で検査治療できる病気・症状はどのようなものがありますか?
子宮の病気 :子宮筋腫、子宮内膜症、子宮頸がん、子宮体がん、子宮下垂
卵巣の病気 :卵巣腫瘍、卵巣がん、チョコレートのう胞
膣の病気  :カンジタ、トリコモナス、STD(クラミジア感染、淋病、ヘルペス)
乳房の病気 :乳腺炎、乳がん、乳腺症
尿路系の病気:膀胱炎
どのような症状が出たら婦人科に行くべきか?
月経異常  :生理が一週間以上に続く、生理が長期来ない、経血量の増加、PMS
不正出血  :月経周期以外で出血、閉経後の出血
おりもの異常:においがする、量の増加、白っぽいおりもの(おから状・ヨーグルト状)
外陰部の異常:かゆみ、痛み、赤み、ただれ
下腹部痛  :下腹部の強い痛み
乳房の異常 :しこりがある、乳房から分泌物が出る
更年期障害 :ホットフラッシュ、イライラ
上記以外でも日常生活に苦痛を感じる症状がある時は早めに受診しましょう。
婦人科ではどのような検査をしますか?
初診の患者様には問診・エコー・内診を行い、必要に応じて採血、尿検査、細胞組織検査(子宮がんの場合)、簡易培養(カンジタの検査)、性病検査(クラミジア、トリコモナス等)を行います。
内診とは?
内診は、器具を入れて腟内を確認し、腟に指を入れて子宮の大きさやかたさ、位置や癒着の有無などを触って調べることです。婦人科の主要な診察方法です。
内診は必ずうけないといけませんか?
症状や相談内容によっては医師の判断により行わない場合もあります。しかし、内診することで発見できる病気もあり、必要な場合は受けることをお勧めしています。
受診のタイミングは?
子宮がん検診やおりもの検査等の場合は、月経日は避けましょう。不正出血で受診される場合は、問題ありません。妊娠の可能性がある場合は、検査の時期を遅らせる場合もあります。
受診の時に必要なことはありますか?
いつも通りで大丈夫です。診察のために極端に腟の中まで洗う必要はありません。洗いすぎてしまうと検査で、正しい結果が出ないこともあります
受診の時に持参するものはありますか?
問診では、前回の月経日や周期を伺うことがあります。
基礎体温表をつけている方はご持参ください。
治療費用は?
診察の内容によって、費用は異なります。初診料・再診料がかかります。
必ず保険証をご持参ください。
page top

更年期治療について

更年期障害に対しての治療を行っていますか?
はい。行っております。
更年期障害に対しての治療はどのようなものですか?
ホルモン補充療法、漢方療法、プラセンタ注射療法等を主に行っています。
更年期治療は自費ですか?
上記療法は保険適用です。
page top

ピル・生理について

旅行の予定のため、生理周期を変えることはできますか?
はい。
どのようにして生理周期を変えますか?
生理周期を変えるためにはホルモン剤(ピル)の服用が必要です。
いつ受診したらいいですか?
生理を早める :月経開始5日目からピルを服用します。
生理を遅らせる:次回生理開始予定日の5日前から服用します。
※ただし、生理不順の方は早めに医師と相談していただく必要があり、早めに受診下さい。
ピルとは?
排卵を抑制、受精卵が着床しにくい状態にする、などの効果があり、高い効果が望める避妊方法として、また婦人科系の治療薬として使われています。
21錠タイプと28錠タイプがあり、1日1錠の服用です。必ず医師の処方が必要です。
血栓による副作用に注意が必要ですが、女性にとって良い効果がある事でも知られています。
効果:月経周期が規則正しくなる・経血量の減少・鉄欠乏性貧血発症の低下・月経痛の軽減
喫煙者や心臓、血管系の基礎疾患等がある方はピル服用は控えてください。
アフターピル(緊急避妊薬)は処方していますか?
処方しております。
アフターピルの処方には診察が必要ですか?
診察を受けていただいてからの処方となります。
アフターピルは保険適応ですか?
保険適応ではありません。自費治療となります。
アフタ―ピルの価格は?
アフタ―ピルの金額はお薬の種類によって異なります。
約10,000円(税抜)~20,000円(税抜)です。
その他、初診料別途850円かかります。(2017年現在)
アフタ―ピルの飲むタイミングは?
72時間以内に内服します。その後は処方されるお薬によって異なります。
page top